健康維持のための人間ドック!様々な検査コースがあるのです

Posted by

1年に1度の割合で検査を受けておくと安心

人間ドックは健康診断を受診している場合でも1年に1度の割合で受けておくと安心と言いますよね。健康診断だけでも十分と考えている人も多いようですが、人間ドックでの検査の場合、コースによってはより詳しく検査をしてくれるのです。例えば、健康診断では40歳を過ぎた人は、胃ガンなどの病気の早期発見を目的としたバリウム検査が検査項目に追加されますが、人間ドックの検査コースの中には内視鏡による検査を受けられるようになっています。

内視鏡を使う検査って?

人間ドックの検査コースの中には、内視鏡を使う検査が含まれているケースがあります。例えば、大腸ガン検査は健康診断の場合には検便などの方法で行われていますが、人間ドックでは肛門から内視鏡を挿入し、大腸や小腸と言った内部の状況を、テレビモニターを通じて観察を行います。直接内部の状況を確認出来るため、極小さなガンの早期発見にも役立てられると言うメリットがありますよ。大腸ガン検査はコースに含まれているケースとオプションで追加出来るケースがあります。

人間ドックのオプション検査って?

人間ドックは予め決められた検査メニューになっています。しかし、検査を受ける人がもう少し詳しく調べて貰いたいと言うケースもあります。このような時に利用出来るのがオプション検査です。オプション検査の中にはPET検査、大腸カメラや胃カメラなどのより詳しく検査を行えるメニューが揃っているため、気になるところがある場合など、オプション検査の中から通常の検査に加えて人間ドックを受診するのが良いのです。人間ドックは病気の早期発見や将来的に発症する可能性のある病気の対策に役立てられますよ。

健康診断なら千葉の医療機関にお願いすることで、自覚症状の乏しい病気をすぐに発見できることが大きなメリットです。